Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://elephantsantie.blog.fc2.com/tb.php/102-b5ce0bb6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

モノリス


モノリス(笑)。
いえ、これは本当はElephant SANTIEの世界観ではありません。
あくまで今回の《GetFirefoxビデオアワード》のための設定です。
そう、ここではモノリスって位置づけにでもしとこうか。

僕はアーサー・C・クラークが好きで、氏の小説は大概読んだんだけど、その中に《a space odyssey》のシリーズがあるね。
そう、『2001年 宇宙の旅』のことだ。映画で有名。
で、このお話に出てくるのがモノリス。
モノリスって一体なんだろう?
人類を猿からヒトへ進化させたもの。
意識体?
機械?
モニュメント?
答えはたしか『3001年 終局への旅』で描かれていたと思うけど、なんか満足のいく結論じゃなかったな。
どういうことかっていうと、ああいったいわゆる(ロマン)に明確な答えを求めたくない。ってこと。
(ロマン)は朧げであるがゆえに(ロマン)なんだから。
でも作者はその作品で、ある答えを用意した。
何故かな。
考える。
おそらく人類というものが、ある程度進化したと作者は思ってるんだろうな。
だから、古いロマンにはそろそろ答えを、そしてこれから夢見る新しいロマンを描きたかったのじゃなかろうか。
なにしろアーサー・C・クラークってヒトはそれだけブっ飛んでるって僕は思います。

ちなみにこのシリーズ
『2001年 』『2010年』『2061年』『3001年』がリリースされています。
それから映画で『2300年 未来への旅』というのがあるけど、これはクラーク氏の作品とはなんの関係もない作品。『2300年 未来への旅』というのは邦題で、原題は『Logan's Run』。
邦題が邦題だけに、日本ではバッタもん扱いされがちでしょうが、これはこれでれっきとした上質のSF作品だと思います。
はっきり言ってメチャクチャ面白いです。


さて、話がめっちゃ脱線したかに思いますが、何を言いたいのかといいますと、《GetFirefoxビデオアワード》一般投票は今日までのようです。
いや、楽しかった。
何より勉強になりました。
みんなすごいね。
今回参加してる全てのクリエーターに心から拍手したいと思います。
うん、僕自身も。よくやった。お疲れさま。
さあ、がんばるぞ。


Chapter3はね、本日とあるコンペに出品する予定。
その報告はまた今度、、、ということで。
(^▽^)




2007 Get Firefox ビデオアワード
==================================
※【Rinto】トップページより『Elephant SANTIE用語辞典』『ショートシーン』も併せてご覧下さいませ。
==================================
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 イラストブログ ファンタジーイラストへ人気ブログランキング ↑ランキング参加しています。御協力宜しくお願いします。
《A》bunner Rinto



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://elephantsantie.blog.fc2.com/tb.php/102-b5ce0bb6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。