Entries

スポンサーサイト

犯行予告

12月上旬、『Elephant SANTIE』関連で新しい動きがあります。Mixi日記、映像製作日記、ブログ、ホームページなどで報告しまーす。どうぞ宜しくお願い致します!(^_^)==================================※【Rinto】トップページより『Elephant SANTIE用語辞典』『ショートシーン』も併せてご覧下さいませ。================================== ↑ランキング...

エデンの東

レンダリング/編集段階で映像を確認しようとしてもすぐに映像を見ることは出来ない。そのため、『レンダリング』という計算処理をして、編集、合成の結果を別のムービーとして作り出す。===========================しばらくレンダリングの必要のない作業(あるいは軽度のレンダリング作業)ばかりだったので忘れていたけど、気軽にレンダリング開始ボタンを押したら『待ち時間5時間』の表示。。。でた。...

生きることと歩くこと

今何をしてるかというと、Chapter3のCMを作っているところ。っていっても、もう出来ている。ただ、残り時間が余っているので、それならば時間のある限りは本編とCMが少しでも良くなるようにチェックして行こうといったところ。で、今日キャッチコピーを見直したわけだが。Chapter3は、もともと【not alone】という副題を掲げて、いろいろな意味合いを持たせている。それは僕がChapter3という『作品』を作るにあたってなくてはなら...

ナミダムシ

◎ナミダムシ(トリムカデ科)涙の回廊内に巣を作っている生物で体長は約1m。この巨大な通路は、天井から滴る地下水の響きがまるで泣いているように聞こえるため『涙の回廊』と呼ばれているが、このナミダムシは何万年もここに住むうちに、羽根が透き通った涙の形に変化した。この羽根の形がナミダムシと呼ばれる由縁。==================================本編にはほんの1カットしか出てこないナミ...

お礼とお詫び

ビデオアートグループ展終了しました。来場してくれた方達、それから影でいつも応援してくれてる人達、本当に有り難うございました。また今回は本当にたくさんのクレーム等もいただきました。不手際等心よりお詫び申し上げます。さて、ともあれ次のコンペに目を向けています。これは年末締め切りのもの。がんばっぞー。トライアウトしていたElephant SANTIEですが、ご自身のblogで紹介してくれた方々がいらっしゃるので、ここで掲...

ラーマライジング

そろそろぽつりぽつりとキャラクターを小出ししていきましょうかね。これはChapter3本編に出てくるラーマというキャラクター。『ラーマライジング』というファイル名のカット、その原画を加工したものです。現在ビデオアートグループ展で展示している映像では何の加工もしていない原画状態で展示していますが、この写真のようになったものが原画を加工したもの。この映像はまだ未発表です。変更点は、暗くした照明って感じですかね...

Elephant SANTIEの(正面)顔の変更

SANTIEの正面から見た顔がどうも気に食わなかったので変更。今回のChapter3は全てのセルをゼロから描き直す、としていたので以前からあった角度のSANTIEもまた新たに描いていました。けど、出来た図(A)の正面顔がやっぱりイマイチ気に食わない。なんかこう、、、プレデターみたいな。。。で、やはりこのカットは見直しの対象に。SANTIEの正面に関する顔はChapter2以前の顔(図B)に戻す事にしました。やっぱりこの顔の方がより色えん...

リーフ(葉っぱの新しいカット)

これは本編に新しく挿入した【葉っぱ】のカット。その原画。敢えて青葉を選んでいます。なんかキャベツみたいな色合いですね(笑)。より話を解り易く、そしてもう少し味わい深くなるように挿入しました。たった一枚の葉っぱですが、作品全体に与える影響は大きいんじゃないかなと思っています。んな亊言ったって、ものの5〜6秒のカットですけどね(笑)。作品中のカットとしては非常に重要なポジションを与えましたよ。勿論、この映像...

神秘的に、威圧的に、いでよラーマ

うう。。寒くなりましたね。。さて、『Elephant SANTIE』の手直し作業、およそ3分の2は完成しました。より重量感のある映像になってきましたよ。といってもチープなのが特徴。兎に角、年内は例え作業が全て完了したとしても、疑ってかかります。まだ残ったアイディアはないか?世界観は構築されているか?特に、ここ3日ほどかかって作業しているのは、『ラーマライジング』と呼んでいる※ラーマの出現場面。もっともっと神秘的に威...

ロケッティア

今何をしてるかと言うと、ひとまず完成した映像を画像処理するのと、新しくカットを挿入して行く事。これはラスト近辺に挿入完了した新しいBirdのカット、その為のセル。羽根が無いのは羽根を動かすから。約1秒間のカットとして挿入しました。なんかこうやって胴体だけ切り抜いてみると、昔みた映画を思い出したよ。【ロケッティア】似てない?なんか。すっ飛んでいきそう(笑)■the Artcomplex Center of Tokyoにて開催される『ビデ...

モーレツダッシュで

今回の作品は只今the Artcomplex Center of Tokyoというギャラリーでトライアウトしてるわけなんだけども、こうやって一歩引いてみると、うーん良くないね。まあ、大幅な手直しが必要な事はあらかじめ解っていた事なんだけど。足りない部分や、多すぎる部分。動かない部分。数挙げれば限りがない。今はその手直し作業中。まずは、モーレツダッシュをかけて、カットを作画、挿入の作業をしているので、パソコンが使用出来なくなる状...

しまったあーーー!!

たった今の出来事。。映像の手直しの最中、手順を誤って劇中挿入していたテキストファイルを削除しちまったナリ。もう、、泣きそー。で、怒り。すぐに落胆。。で5分と立たぬうちに意識を取り戻して、まあいいや、また作る。と。でもまあ大幅にロスには変わりない。こんな初歩的なミスを。。。気を付けていたのにね。一旦気が抜けてしまったのでブログ書いてます。書き終わったら煙草吸って作業再開だ。(T▽T)■the Artcomplex Cent...

時間の向く方角

映像展の為に取りあえずの完成となった今回の作品ですが、まあアラはある。テキストの誤字も発見したし、タイムもアバウト。そして先日の日記で書いた通り未発表カットの挿入。これらを年内に編集し直す。きっかり測ったように10分にまとめる。時間にこだわる訳は、そういう映像コンペに出展するのを目標としているため。これは簡単なようで、案外骨の折れる作業である。そういった作業に再び突入しました。こんな風にタイムライン...

本編に挿入出来なかったカット

Birdの正面のラフ。このシーンを今回上映のものに挿入する事はありませんでした。年内に完成させる予定の完全版にはこのカットを挿入するつもりです。だから作画もまだまだつづくわけですねー。今回のChaoter3には入っていないシーンもブログでは書いていきたいしね。応援宜しくお願い致します!です。(^_^)■the Artcomplex Center of Tokyoにて開催される『ビデオアートグループ展』に【Elephant SANTIE Chapter3】参加いた...

シンバニ・ヤン・バ・リゾルタ

◎シンバニ・ヤン・バ・リゾルタ(Shimbani yam buah Rizolta)トトスコス岬(cape totoscos)の崖下に広がる白銀の砂浜。トトカナンガ洋(the totocananga Ocean)に面しており、全長約50kmにも及ぶ。砂の粒子は極めて細かく、珊瑚礁から流れてくる珊瑚の粉の為、通常の砂浜よりも色が白っぽい。またこの珊瑚礁は海の色を見事なまでの青に染めている。様々な魚や生物が生息しており、【銀の王宮】と呼ぶ事もある。シンバニ・ヤンバ・リゾ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。