Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越し終了

引っ越し終了

Elephant SANTIE

かつて森には王がいました。
森の守護者にして、大地を司る王が。
名前は知りません。
名前など必要がなかったのです。
何故ならば王は王であるが故に王であり、大地に降り注ぐ太陽のように威厳に満ちていましたから。
王が食べようとすれば果物が実り、王が飲もうとすれば雨が降りました。
森の全てが王の全てであり、王の全ては森と共にありました。
ですから王がこの森を「そう呼ぼう」と決めた時、その時からこの広大な森は『ティアナワンガ(ー全てー)』となったのです。

森に住む彼らはみな同じ言葉を話しました。
木々も生き物たちも。
いやしかし、それは我々の知っている『言葉』とは違いました。
彼らは空気を通じて心を開け放ったのです。
眼に見えるもの見えないもの、そこにある全てが彼らの言葉でした。

時はこのティアナワンガにも新しい変化を運んできます。

煌々と光を放つ炎も、やがては朽ちていくもの。
この世に生れ出た瞬間から、同時に消える事へ向かっていくもの。
それが「生きる」ということなのですから。
この偉大な王とて例外ではありませんでした。
数々の偉大な仕事をした王がティアナワンガを去る日、彼はとても満足そうな顔をしていたのでした。

王はその最後に3つの願いをしました。
「ティアナワンガよ永遠なれ」
王の願いは聞き入れられました。
おそらくこの森(ティアナワンガ)は大きい方の宇宙が無くなる日までその力を誇るでしょう。
宇宙には大きい方と小さい方があります。
ひとつはあなたの中に、ひとつはあなたの外に。
本当ですよ。
まあ、それはまたの機会にお話しするとしましょう。

さて、南の空に遠くひときわ輝く星が昇る頃、王は2つめの願いをしました。
「記憶することと忘れること」
それまで森に住むものにとって時間というのは、ただ通り過ぎていました。
ですから、王はそんな仲間たちに時間を自分の中に留めることを願ったのです。
過去を思い出すことで未来を見つめることが出来る。
「ただ通り過ぎる」という呪縛にとらわれず、自由に未来を開拓していける。
森に住む者達は、王によって自由を与えられたのです。
しかし、時間の記憶は体に溜めすぎると疲れて身を滅ぼしてしまいます。
本当ですよ。
ですから王は「忘れること」も同時に願ったのです。

下弦の月。
その日、空には下弦の月が見たこともない鮮やかさで昇っていました。
3つめの願い。
王が最後に願うと、王の目の前に一頭の可愛らしい小さな象がいました。
王はこの象を自分の息子としました。
そしてSANTIE(勇気あるもの)と名付けました。
大地の一人息子です。
王はSANTIEに木々と会話する方法を教えました。
そしてこの広大な森を旅し、出会った者達に名前を付ける仕事を与えました。
こうしてSANTIEはティアナワンガの散策者となったのです。
王はティアナワンガの全てをSANTIEに託しました。
そして月を《弓》とし、王は《矢》となり、天空に集う数々の星座の元へ去って行ったのです。

王をなくし、SANTIEはきっと寂しかったに違いありません。
しかし、王の2つめの願いはSANTIEの悲しみにそっと蓋をしてくれました。
SANTIEはまだ王者ではありません。
王不在の森、ティアナワンガ。
森に住まう者達が認めた時、SANTIEはティアナワンガの王者になるのです。
やがてSANTIEが王者となる日もやってくるでしょう。
しかし、それはまた別の時間、別の場所でお話しするとしましょう。

ーおわりー




==================================


from : Artmic8neo the illustration show (2007.12.31)



YouTube AWARDにノミネートされました

Elephant SANTIE
少し前にGoogleより連絡があり、《Elephant SANTIE》がYouTube Japanビデオアワード2009にノミネートされたとのこと(万歳三唱)。
12月19日よりYouTubeに特設サイトが出現、その中に放り込まれています。
最近の中で一番嬉しいノミネートかも。。
観覧者の規模が映画祭とは桁違いだからね。

今後の露出としては屋外大型ビジョンにおける紹介も予定されているそうです。(下記予定だそうです)

- QFRONT 渋谷駅前:東京都渋谷区宇田川町21−6
- 310 VISION ダイワロイヤル水戸駅南: 茨城県水戸市宮町1-6-140
- オセアン VISION:大洋建設鷏 東戸塚:横浜市戸塚区品濃町 549-1
- Le Vision:レクサス千葉中央店:千葉県千葉市中央区新町10
- スーパーオートバックス 横浜ベイサイド店:神奈川県横浜市金沢区幸浦2-24-5
(大型ビジョン放映時期:2009年12月〜2010年3月中の1日、午前9時〜24時までの間で1回〜数回)

どこかでお会いするかもね(^_^)。
応援宜しくです。
詳細は下記URLより
http://youtubejpblog.blogspot.com/2009/12/youtube-video-awards-japan-2009.html

YouTubeVideoAwardsJapan2009

elephant

自主製作の色鉛筆アニメーション

【Elephant SANTIE 3 (not alone)】
http://www.youtube.com/watch?v=ZD5VC0cHUdI

2009年が始まったね。
年の初めはここから始めよう。
ティアナワンガというジャングルだ。
いまだその全貌は明らかにされていない。
無尽蔵の水を排出するオーディンフォールや、誰も越えた事の無いグレートウォール
それから、太古の巨大生物の化石が神殿となったムイ・クライシスタ・コスタ
その全てを、僕は一生をかけて解明していくつもり。
この、Chapter3は、そのほんの一角にすぎない。
2007年に立体造形氏の天炎とタッグを組んで、クリエイティブ・ユニット『Rinto project』を結成。
僕はアニメーションを、天炎氏がサンティエの立体造形を作った。
天炎の素晴らしい立体造形は、Rinto内コンテンツである『Elephant SANTIE』公式ウェブサイトで確認出来ます。
同サイトには、用語辞典ショートシーンなどのコーナーもあるので、お時間のある時、暇つぶしなどにご覧いただけたら嬉しい。

2009年、良き年でありますように。
サンティエが散策するティアナワンガのジャングルのように、冒険に満ちていますように。
そして《not alone》。
我々はけっしてひとりではない。



『Elephant SANTIE』
http://artmic8neo.jougennotuki.com/Elephant_SANTIE.html

================================
Elephant SANTIE


Elephant SANTIE

かつて森には王がいました。
森の守護者にして、大地を司る王が。
名前は知りません。
名前など必要がなかったのです。
何故ならば王は王であるが故に王であり、大地に降り注ぐ太陽のように威厳に満ちていましたから。
王が食べようとすれば果物が実り、王が飲もうとすれば雨が降りました。
森の全てが王の全てであり、王の全ては森と共にありました。
ですから王がこの森を「そう呼ぼう」と決めた時、その時からこの広大な森は『ティアナワンガ(ー全てー)』となったのです。

森に住む彼らはみな同じ言葉を話しました。
木々も生き物たちも。
いやしかし、それは我々の知っている『言葉』とは違いました。
彼らは空気を通じて心を開け放ったのです。
眼に見えるもの見えないもの、そこにある全てが彼らの言葉でした。

時はこのティアナワンガにも新しい変化を運んできます。

煌々と光を放つ炎も、やがては朽ちていくもの。
この世に生れ出た瞬間から、同時に消える事へ向かっていくもの。
それが「生きる」ということなのですから。
この偉大な王とて例外ではありませんでした。
数々の偉大な仕事をした王がティアナワンガを去る日、彼はとても満足そうな顔をしていたのでした。

王はその最後に3つの願いをしました。
「ティアナワンガよ永遠なれ」
王の願いは聞き入れられました。
おそらくこの森(ティアナワンガ)は大きい方の宇宙が無くなる日までその力を誇るでしょう。
宇宙には大きい方と小さい方があります。
ひとつはあなたの中に、ひとつはあなたの外に。
本当ですよ。
まあ、それはまたの機会にお話しするとしましょう。

さて、南の空に遠くひときわ輝く星が昇る頃、王は2つめの願いをしました。
「記憶することと忘れること」
それまで森に住むものにとって時間というのは、ただ通り過ぎていました。
ですから、王はそんな仲間たちに時間を自分の中に留めることを願ったのです。
過去を思い出すことで未来を見つめることが出来る。
「ただ通り過ぎる」という呪縛にとらわれず、自由に未来を開拓していける。
森に住む者達は、王によって自由を与えられたのです。
しかし、時間の記憶は体に溜めすぎると疲れて身を滅ぼしてしまいます。
本当ですよ。
ですから王は「忘れること」も同時に願ったのです。

下弦の月。
その日、空には下弦の月が見たこともない鮮やかさで昇っていました。
3つめの願い。
王が最後に願うと、王の目の前に一頭の可愛らしい小さな象がいました。
王はこの象を自分の息子としました。
そしてSANTIE(勇気あるもの)と名付けました。
大地の一人息子です。
王はSANTIEに木々と会話する方法を教えました。
そしてこの広大な森を旅し、出会った者達に名前を付ける仕事を与えました。
こうしてSANTIEはティアナワンガの散策者となったのです。
王はティアナワンガの全てをSANTIEに託しました。
そして月を《弓》とし、王は《矢》となり、天空に集う数々の星座の元へ去って行ったのです。

王をなくし、SANTIEはきっと寂しかったに違いありません。
しかし、王の2つめの願いはSANTIEの悲しみにそっと蓋をしてくれました。
SANTIEはまだ王者ではありません。
王不在の森、ティアナワンガ。
森に住まう者達が認めた時、SANTIEはティアナワンガの王者になるのです。
やがてSANTIEが王者となる日もやってくるでしょう。
しかし、それはまた別の時間、別の場所でお話しするとしましょう。

ーおわりー




==================================


from : Artmic8neo the illustration show (2007.12.31)





==================================
※【Rinto】トップページより『Elephant SANTIE用語辞典』『ショートシーン』も併せてご覧下さいませ。
==================================
にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 イラストブログ ファンタジーイラストへ人気ブログランキング ↑ランキング参加しています。御協力宜しくお願いします。
Rinto
==============================

■映像作品Link free
(アイコン、どうぞご自由にお持ち下さい※CDジャケットのようなものと思って下されば。)
memoriesアイコンbolero君は僕の小さな勇気the lost planetrinto


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。